婚約指輪の選び方

かつては「給料の3ヶ月分」といわれた婚約指輪(エンゲージリング)の相場ですが、長引く不況の中、婚約指輪(エンゲージリング)の相場はどうなっているのでしょうか?
婚約指輪(エンゲージリング)の相場は30万円台後半というのが一般的なようです。
年齢的に考えると30前後のサラリーマンの平均年収は450万円くらいらしいので、ざっくり計算しても給料の1~2ヶ月分というのが一般的な相場だと考えられます。
これから新生活に踏み出す二人にとって、3~40万円というのは大金です。
それだけのお金があれば、毎日使う家具や家電などをちょっと良いものにしたり、生活費の一部に廻した方がいいのでは、と思う人もいるようです。
たしかにその通りなんですが、婚約指輪(エンゲージリング)は二人の一生の記念です。たまに年をとってから「あのときに贈れなかったから」と、指輪を購入される方がいますが、婚約指輪(エンゲージリング)の有無はそれくらい後まで心にシコリを残すものといえます。
夫婦ケンカの時に、婚約指輪を見て心の支えにする女性も多いとか。
何よりも大事なのは金額や相場ではなく、これから二人で一生を共にしていくその気持ちです。
そして、「予算がないから贈らない」のと、「今できる精一杯のものを贈る」のとでは、どちらが奥さんにとって嬉しいのかは明らかなのではないでしょうか?
口ではアレコレ言っても、婚約指輪(エンゲージリング)をもらって嬉しくない女性はいませんから。
一生の記念として贈る婚約指輪ですが、一方で予算が限られていることも事実です。
予算が幾らでもある人は思う存分高いものを選んで欲しいのですが、限られた予算で満足を最大にする方法はあるのでしょうか。
宝石の値段はあって無いようなもの・・・
どうやって選んだらいいのかわかりにくい・・・
ジュエリー好き以外の多くの方はこのように思っていると思いますが、ダイヤモンドに限ってはそれは全くの誤解です。
「本来、ダイヤモンドはどこで買っても同じ値段!」
本来ダイヤモンドにははっきりとした値段の基準があり、そのグレードによって価格がほぼ決まってしまいます。そのグレードが「4C」といわれる4つの基準です。
ダイヤモンドの品質を示す「4C」のうち、見た目に大きく影響するのがカラットとカットの二つの項目です。
見た目の美しさに影響する軸を削ると後々後悔するのでここは妥協してはいけません。
カラットに関しては、一般的な婚約指輪では0.2~0.5カラットとされていますが、0.3カラット以上を選んでおくと、それなりに立派に見えるかと思います。
また、カットについてはエクセレント以上がよいでしょう。